スマイスター|不動産テック VR・AR

不動産業界にはいま続々と新しい技術が導入されています。
スマイスター好きの管理人がお伝えする不動産テック情報では、今回はVR・ARについての記事をご紹介します。

まずはじめに、VR・ARとはそれぞれなんなのでしょうか。

VR・ARとは

VRはvirtual realityの略称であり、日本語では仮想現実と訳されています。古くからVRの技術は映画やテレビなどで用いられてきました。2016年はVR元年とも言われVR技術を体験出来るゴーグルが各社からリリースされ、ゲームなどエンターテーメントの業界に大きな革新をもたらしました。

ARはAugmented Realityの略称で、一般的には「拡張現実」と訳されてています。VRとARの大きな違いはVRがバーチャル世界を体験出来るのに対し、ARでは実際に目の前に広がる風景に、バーチャルの視覚情報を組み合わせて目の前にあたかも実在しないものがあるような擬似体験が出来ることが特長です。一昨年にリリースされたポケモンgoではAR技術が利用されており、多くのユーザーを引き込んでいったのが記憶に新しいものであると思います。ARの技術は私たちに新しい楽しい世界を提供するだけでなく、利便性を提供する技術であるといわれています。

VR・ARの技術は不動産業界にも徐々に活用され始めています。
VR技術を活用した物件などを擬似内見できるシステムや、ARの技術を活用して、家具配置や材質等のシミュレーションを提供するサービスを聞いたことがあるという方も少なくないでしょう。

スマイスターサイトではVR・AR技術の活用についても記事も紹介されていますので、是非ご覧ください。