リビンマッチ 売却査定

住宅や土地の売却を検討する際、できるなら高く売りたいと考えるのは普通のことでしょう。なるべく高く売却したい、けれどあまり時間をかけていられない。そんな方にお勧めしたいのがリビンマッチというWEBサービスです。

リビンマッチでお手軽売却査定

リビンマッチなら幾つかの項目を入力するだけで、最大6社から売却価格を算出してもらうことができます。リビンマッチには全国1,400社以上の不動産業者が登録されているため、きっと複数の不動産業者から査定を受けられることでしょう。

もちろん時期的な問題や売却価格次第では買い手が付かない、という可能性もあります。そんな時には次の項で説明するリビンマッチの「不動産買取」も併せて検討してみましょう。

リビンマッチで不動産買取を検討する

不動産を売却する場合は「買い手」が付くまで待ち、買い手が見つかったら不動産業者に手続きを取ってもらうことが一般的です。

ですが、リビンマッチのサービスを利用すれば、不動産業者が直接不動産を買い取る「不動産買取」を検討することもできます。不動産業者が直接の買い手となるため、この場合は仲介手数料が発生しません。

なぜリビンマッチを勧めるのか

売却主である不動産の持ち主は、不動産取引について詳しくない方がほとんどです。従って、不動産仲介業者や、私が勉強している宅地建物取引士という資格があり、専門家が責任を持って取引にあたることになります。

ですが、不動産業者や宅建士にも得意不得意があります。賃貸経営を担当した経験は豊富だけど、住宅売却の経験は多くない、という不動産業者もあります。得意不得意があるのは仕方ないことですが、不動産の売却額を高く付けてくれる所を探すため、何社も不動産会社をハシゴするのは大変です。その点、リビンマッチならネットを利用して手軽に何社もの不動産会社からオファーを受けることができます。また、不動産業者も得意な分野の潜在顧客を発見することができます。

リビンマッチのサービスを顧客保護の観点から考える

宅建士の資格取得を目指して勉強すればするほど、不動産取引は難解な手続きであり、法的責任を負うことになる宅建士という資格の「重み」を感じるようになりました。

一方で、不動産取引について詳しくない人々へ対して、いかに「安心」できる取引を提供できるのか、ということも考えるようになりました。

リビンマッチは不動産取引において「複数社を競争させる」という方法を採ることで、結果として顧客の保護に貢献しているのではないでしょうか。