リビンマッチ|住宅買取を業務とする不動産会社

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。

今回は、「住宅買取を業務とする不動産会社はレインズを使った営業もある」の記事です。

 

不動産会社の業務というのは実に様々なものがあります。仲介により売主から預かった物件の新しい買主を探したり、直接その物件を買取したりして販売する事もしています。

不動産会社にも規模があり、全国的に有名でテレビコマーシャルを流したりして沢山の営業マンを抱えるような企業もあれば、営業マンを殆ど使わない不動産会社も存在します。

不動産会社の業務の中で市場に出ている不動産情報の確認や情報収集というのは非常に大事で、その為にレインズというシステムネットワークを今では殆どの不動産会社が使用しています。レインズというのはReal Estate Information Network Systemの頭文字を取って名付けられたもので、全国の不動産情報を全て管理しているネットワークシステムなのです。

 

不動産会社ではこうしたものを利用して全国に存在する不動産情報を収集したり、お客さんからのニーズに合わせて物件を紹介したりしているのです。

 

詳しくご覧になりたい方はリビンマッチコラム「住宅買取を業務とする不動産会社はレインズを使った営業もある」の記事

こちらをご覧ください。