スマイスター|不動産テック1

スマイスターのスマイスターコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。

今回は、「レインズを利用した土地買取希望者を探す営業活動」の記事です。

 

土地の売却の為に不動産会社と契約すると不動産流通標準情報システム(通称レインズ)と国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムに土地の情報を登録出来ます。レインズで営業活動を行えばシステムに登録している土地買取希望者を探す事が可能です。
レインズでは複数のサーバを設置し、不動産の情報をオンラインで処理しています。膨大な量の不動産情報が登録されており、検索する事で目的の情報を探す事が可能です。これまでの取引事例も蓄積されているため、会員にとって適切な資料を提供してくれます。情報はリアルタイムで更新され、常に最新の情報が手に入ります。
レインズにて希望の土地が見つかった場合、不動産会社を介して売手側の不動産会社と交渉を行います。売手により膨大な情報が登録され、沢山の買手がそれを検索出来ますから売手は購入希望者を買手は希望通りの土地を探す時間を短縮出来ます。レインズでは不動産業界が売手、買手の両方をサポートします。

 

詳しくご覧になりたい方はスマイスターコラム「レインズを利用した土地買取希望者を探す営業活動」の記事

https://www.sumaistar.com/yomimono/kaitori/column-kaitori/c-kz-600/

をご覧ください。