月別: 2019年1月

【Mr.リビンマッチが解説する】不動産テックとは?定義や具体的な事例をご紹介します!

  「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産テック」今回は、不動産テックとは?定義や具体的な事例をご紹介します! テクノロジーの力で、不動産の売買や賃貸などに新しい仕組みを誕生させたり、これまでの習慣を変えていこうとしたりする取り組みを「不動産テック」と呼びます。 海外では、「Real Estate Tech」や「PropTech 」、「ReTech」などと呼ばれていますが、日本の不動産業界における不動産テックの導入事例には、どのようなものがあるのでしょうか。 不動産テックの導入事例 不動産業界の業務はアナログ対応によるものがほとんどだったため、不動産テックの導入によって数多くの恩恵を受けています。 ここでは、実用化されている不動産テックのサービス事例をみていきます。 物件情報ポータルサイト 不動産ポータルサイトの恩恵を受けている方も多いのではないでしょうか。現在では、不動産の物件情報を手軽に検索できるサイトや、不動産査定の一括見積もりができるサイトなどの登場によって、多くの物件情報を短時間で入手することができます。 このようなサ…



【Mr.リビンマッチが解説する】不動産会社のVR活用事例とメリットについて詳しく紹介!

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産テック」今回は、不動産業界がVRを活用することで得られるメリットと、VRを導入している企業の活用事例について紹介をします。 VR活用で変わる不動産業界のWeb集客 VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティー)の略語です。専用デバイスを装着すると、実際にその空間の中にいるような体験をすることができます。このようなVRは話題を集めていますが、不動産業界との相性が非常によいテクノロジーなのです。 VRを活用すると、物件の魅力をより詳しく伝えることができるため、Web集客の反響数があがります。VRの活動は、大手不動産情報サイトを筆頭に、さまざまなところで見られるようになりました。不動産会社や自宅で物件をVR映像で見られることが、不動産業界の常識になる時代がやってきたのです。 VRを活用することによって、次のようなメリットを得ることができます。 物件のイメージがしやすい これまでの不動産情報は「間取り図」「物件の写真」によって開示されていました。家やマンションのイメージはつくと思いますが、広…



【Mr.リビンマッチが解説する】急成長する不動産テックの動向と活用事例を紹介!

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産テック」今回は、「急成長する不動産テックの動向と活用事例を紹介!」です。 不動産業界では、ITテクノロジーの導入が進んでいます。他の産業と比較してITの導入が遅れているといわれている不動産業界。ITテクノロジーを活用することで、不動産業界は大きく飛躍するともいわれています。ITを取り入れたサービスは不動動産テックと呼ばれます。 不動産テックは、現在どこまで進んでいるのか?どれぐらい成長することができるのか?また、日本国内ではなく、海外の不動産テックはどこまで成長をしているのでしょうか?ここでは、不動産テックの市場動向と成長余地、活用事例について解説をしていきます。 不動産テックの動向と成長余地について 不動産業界とITテクノロジーを融合させた、新しいサービスを日本では「不動産テック」と呼んでいます。海外では「Real Estate Tech」と呼んでいるそうです。ITテクノロジーを融合させることによって誕生するサービスや業務の効率化は、「デジタル変革」として注目されているのです。ここでは、不動産テック…



【Mr.リビンマッチが解説する】不動産テック協会がわかる!未来に向けて業務改善

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産テック」今回は、 不動産テック協会が2017年に発足し、注目を浴びています。日本では、アメリカだけではなく、東南アジアの国々に比べても、不動産テックが遅れているという事実があります。不動産テック協会が、どのようなことを目的にどのような活動をこれからしていくのかを紹介します。 不動産テック協会について まだ不動産テックという言葉が行き渡っているわけではありませんが、徐々に知名度が増加しています。消費者の利益にもなるとされる不動産テックと不動産テック協会について説明します。 不動産テックとは 不動産テックという言葉は、不動産テック協会の発足のニュースでかなり有名になりました。不動産テックというのは、「不動産」と「テクノロジー」をつなぎ合わせて作られた言葉です。 不動産テックで提供できるサービスは、インターネットによって顧客マッチングサービス、AI・人工知能を利用して物件の価格を可視化すること、IoTによるスマートロック、VRを利用した内覧システムなどです。 例えば、新しいマンションを購入しようとするときに…



【Mr.リビンマッチが解説する】不動産テックの海外事例からみるテクノロジーの可能性

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産テック」今回は、海外の不動産テックの事例を紹介していきます。先進国で取り扱われている不動産テックの技術をみていくことで、国内の不動産業者は参考にすることができるでしょう。 日本と海外の不動産テックを比較した際の今後の展望 不動産業界でテクノロジーが急速に発展しているのです。このような動きは「不動産テック」と呼ばれています。不動産テックの活用方法は、業務効率化やシェアリングなどさまざまです。分野別にどのようなサービスがあるのか表示したものを「不動産テック カオスマップ」を呼びます。 カオスマップは、日本版と海外版があります。ここでは、日本版と海外版のカオスマップの違いを比較していくので、チェックしてみましょう。 日本の不動産テックのカオスマップについて 日本版のカオスマップを発表しているのは、不動産テック協会準備委員会。不動産テック分野に精通した人々が会議を重ねて、日本国内の不動産テックの市場構造や独自性を分析して作成・発表をしています。大きく分けて12分野のサービスがあり、計173社の開発商品が掲載さ…