スマイスターMagazineから学ぶ不動産テック

タイトルにある通り、このサイトでは不動産テックを読者の皆様と勉強していこうと思います。難しい内容や斬新な内容が多いかと思いますが、なるべく分かりやすく記述しようと思いますので、ご覧いただけますと幸いです。よろしくお願いします。プロフィールを見てくれた方は、ご存知かもしれませんが私は宅地建物取引士つまり、宅建という国家資格を取得し、不動産業界に入ることを夢見て日々勉強に奮闘しています。宅建取得のために色々な本、様々なサイトから有益な情報を取得し、勉強の為こうしてアップしています。さて本サイトでは、今巷で話題のスマイスターについて、読者の皆さんに知ってもらおうと思います。スマイスターはご存知の通り日本最大級の不動産情報紹介サイトです。個人の方から企業の方、不動産事業を行っている会社であっても、不動産に関する知識がわかりやすく掲載されていて、宅建合格を目指す自分にもスマイスターの内容は非常に参考になります。 特にスマイスターのサイト中にあるスマイスターマガジンでは最新の情報やスマイスターと連携した著名人コラムなどもあり、日々の不動産に関するトレンド情報はこのスマイスターのサイトから参考にしています。 スマイスターの根幹は、複数の不動産の価格比較を簡単に行うことができる点にあるようですが、スマイスターのサイトを利用したユーザー体験記などを見ると、不動産情報でタメになる事例やメリットデメリットも掲載されているので、自身の宅建学習にも役立つ情報が多いです。 当サイトでは、主に「不動産テック」の内容に関して学習しながら自分なりの思いを書いていきたいと思っているが、「不動産テック」以外にも役立つ情報はスマイスターやスマイスターマガジンを参考に綴っていきたいと思います。

 

不動産テックとは?

まずはそもそも、不動産テックってなんだろう?と思われた方も多いかもしれないですね。最近よく聞く、フィンテックに似ている、と思われた方もいらっしゃると思います。そもそもフィンテックとは英語で最近作られた造語であり、Fintech(financial technology)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であって、ファイナンス・テクノロジーを略した言葉です。では不動産テックとは何でしょうか??もちろん、同様に不動産とTechnology(技術)を掛け合わせた造語です。英語ではRealReal Estate Techと呼ばれています。つまり、フィンテックが金融×ITに対して、不動産テックとは不動産×ITということになります。つまり、要約すると、不動産テックとは不動産×IT分野で活躍するスタートアップのベンチャー企業や、不動産ポータルサイトの運営企業などから生まれた新しい不動産サービスのことを、一般的にいいます。例を挙げるとキリがないのですが、テレビなどで放送されていてインパクトが強かったVRによる不動産物件の内覧や、Web上でのCtoCといったサービスなどが有名ですね。そしていうまでもなく、スマイスターもその不動産テックの一つであり、日本ではまだまだ小さい市場ですがこれからどんどん、確実に成長していく産業の根幹の一つなのです。残念ながら実は日本の不動産業界は他国に比べると、不動産テックの分野は遅れているらしく、スマイスターなどの不動産テックを学ぶことにより不動産の業界では国内で一歩他社よりも前進できるのです。

上述した不動産テックの例などを含め、不動産テックは主に下記のものがあります。

などになります。

では、①から順に事例を出しつつ分かりやすく説明致します。このサイトではスマイスターを中心に不動産やITにも詳しくないかたでも分かりやすく具体的に説明致します。
 

まずはポータルサイトとは何かから説明します。ポータルとは英語で日本語に訳すと、「玄関」、「入り口」という意味になります。つまりポータルサイトとはインターネットで何かを調べたり、見たりしうるとき、最初の入り口となるサイトのことです。有名なポータルサイトしては、「google」、「Yahoo!」、「goo」、「livedoor」「MSN」などがあります。つまり、不動産の情報を調べたい、見てみたいという方に特化した方向けになるサイトが不動産物件の情報ポータルサイトになります。不動産の情報を求めたい方とはどういうかたでしょうか?まず思いつくのは引っ越しを考えている人ではないでしょうか?また、その次は、不動産関係の会社の方不動産を売却したいので査定をして欲しい方などもいらっしゃると思います。スマイスターはこういった方々に向けた情報を集約しているポータルサイトになります。

例えば、引っ越ししたい方は不動産仲介のお店に行かれると思います。

不動産情報ポータルサイトのメリットとは?

不動産テックの重要性をおわかりいただけたでしょうか?具体的なメリットをスマイスター中心にこれから述べて行こうと思います。これから先、住まいを探さなければいけないという時みなさんならどうされます?

やはり不動産の仲介企業さんにお願いするのではないでしょうか?不動産仲介企業さんは全国に展開している大手不動産企業、町の不動産屋さんなど多数存在します。有名企業でいうと、住友不動産販売、century21、アパマンショップ、近鉄不動産、アットホーム、TVCMで有名なエイブルなどの企業があります。

大手不動産仲介企業だけではなく、町の小さな不動産屋さんも私が目指している宅建(宅地建物取引士)の資格を持つ人の仲介があって初めて成立しています。

マンション、アパートのいわゆるオーナーさん(いわゆる大家さん)は、所有する賃貸マンション、アパート、戸建て住宅と言った不動産物件をこう言った賃貸仲介業者さんにお願いして営業、広告をしてもらい、そして住んでくれる人を仲介してもらっているのです。

では、こういった不動産賃貸仲介業者さんはどこで利益を出しているのでしょうか。当然といえば、当然ですが不動産物件を貸すオーナーさん(大家さん)と不動産物件に住みたい人を仲介して仲介手数料、広告料等を売り上げとしています。ただし、不動産賃貸仲介業者のお店によって、当然ながら地域も様々なのでいちいち全てのお店に足を運ぶのは大変な労力がかかってしまいます。

ではインターネットのある現在、直接インターネットで物件を探せばいいのではないか、という意見もあるかと存じます。しかし、一つ一つのホームページを見るのは足を運ぶほどではないにせよ、これはこれで労力、時間がかかりますし、また自分の希望の不動産物件がすぐに直接見つけられるとは限りません。

そのため、現在では不動産物件の情報を中心に扱うスマイスターをはじめとした不動産情報ポータルサイトがあるのです。私たちが何かわからないことや調べたいことがあるときにGoogleやyahoo!を使うように、不動産に特化した情報を極力漏れがなく調べたい時、スマイスターといった不動産情報特化のポータルサイトを用いることで、より効率的に、楽に、そして希望により見合った不動産物件の情報を調べることができるのです。これが不動産情報ポータルサイトのメリットと言えるでしょう。  

それでは、不動産テックの2番目のメリットである不動産物件のオンラインでの査定について、説明したいと思います。このブログを読んでいる方の中には、引越しだけではなく、今住んでいる不動産物件を売却したいと考えている人(オーナーさん・大家さん)もいらっしゃるかと存じます。①では、不動産物件を借りたい人のメリットをスマイスターの事例をあげてお伝えしました。今住んでいるマンション、戸建ての売却には、どのくらいの査定額がつくのか、普通はすぐにはわからないと思います。また、その不動産企業に売れば最も高く売れるのか、そもそもどこに売れば良いのか、分からないことだらけだと思います。売却先の不動産企業を同じく足を運んで直接査定してもらうのも、大変な労力が掛かる事でしょう。スマイスターではそういった方に対して、その相場を知るための方法をお知らせしていきます。その方法とはスマイスターのメリットの一つ、不動産物件のオンライン査定です。そして、もちろん査定は1社だけではありません。スマイスターでは、全国1,400社以上の不動産会社へ一括でオンライン査定することが出来るのです。そして、その査定は無料で行うことができます。そして数ある不動産情報ポータルサイトの中で、顧客から不動産価格の満足度第一位、利用したい不動産情報ポータルサイトの第一位の声を頂いているのです。(楽天リサーチによる)オンライン査定も非常に簡単で、わずか4STEPで可能です。STEP1として、分譲マンション、戸建て、土地(更地)といった物件の種別を選択します。STEP2として、都道府県を北は北海道、南は沖縄まで日本全国から選択します。STEP3はSTEP2の続きで選んだ都道府県の市区町村を選択します。最後に、町名を選択して終了です。スマイスターでは全国1,400社以上の不動産会社が加盟していますが、1回の査定では最大6社に無料で依頼することができます。スマイスターは、分譲マンションから一戸建て、土地(更地)のみならず、一棟アパート・一棟マンション、1R・1K投資用物件、ビル一棟分、区分所有ビルなど幅広くご対応が可能です。その他にも店舗、工場や倉庫、農地などの物件も売却査定いたします。オンライン査定後、売却したい不動産企業がオーナー・大家さんが売却したい不動産物件の周辺情報・相場を調査し、不動産の査定価格を提示します。査定結果は当然、ご担当者の対応や調査のやり方などを複数社から比較して、どの不動産会社と媒介契約をするか選ぶことが可能です。そして①で不動産仲介会社の役割を説明させて頂いた通り、不動産仲介会社がスマイスターといった不動産テックなどを通じて不動産物件を買いたい人を仲介してくれます。 ②ではオンラインによる不動産査定について説明いたしました。次に、AIによる不動産査定についてご説明させていただきます。まずはAIについてご説明します。AIとは、Artificial Intelligenceの略で、日本語に訳すと人工知能という意味になります。では人工知能とはなんでしょうか。具体的な説明をすることは意外と難しいと思います。簡単に説明すると、人の脳の中で行われている知的な作業をコンピュータで行うことができるソフトウェアやシステムを指します。例えば、人間の使う自然言語の理解や、論理的な推論、経験から学習したりすることが可能なプログラムになります。2016年には不可能と言われていた囲碁の世界チャンピオンにAIが勝利するといった衝撃的なニュースが流れました。囲碁は将棋、チェスに比べて盤が広く、手順も比較にならないほど多いゲームです。例えば、チェスはおおよそ、10の120乗、将棋はおおよそ、10の220乗の手順があると言われているのに対して、囲碁は10の360乗という途方も無い数の手順があると言われています。そのため、囲碁を物理的に完全に解明することは不可能と思われていて、AIが人間に囲碁で勝利するのはあと10年以上掛かると思われていたのです。このAIの急速な進化により様々な業界に革進が起こりつつあります。本ブログで説明している不動産テックもその一つです。例えば、②でご説明しましたオンライン査定の依頼を不動産会社の担当者にお願いすることをAIが同じく売却したい不動産物件の周辺情報・相場を調査し、不動産の査定価格を提示することや、本来不動産会社の担当者が行う接客をチャットで行うといった事や、売り手(貸して)側と買い手(借りて)側のマッチングをより速く正確に行うといったことがされつつあります。 本項ではVRによる物件内見の疑似体験について説明いたします。まず、VRにつきまして、こちらはAIよりも身近な存在で、このブログを読んでいる方もVRをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。私自身もVRを体験したことがあります。VRとはバーチャル・リアリティ(virtual reality)の略語で、現実ではないですが、現実と同じような環境を、人間の五感を含む感覚を刺激することで作り出す技術およびその体系。日本語では仮想現実と訳されることが多いです。VRヘッドセットいとつにを装着することによって、ゲームの中や、綺麗な景色に囲まれているのと酷似した感覚を味わうことが可能です。では不動産テックにおけるすでに利用されているVRの利用方法をご説明したいと思います。不動産を借りる方、買われる方は当然内見・内覧をされるかと思います。ここでも①、②同様、複数の不動産物件で内見・内覧することは大変に労力が掛かる事かと存じます。この手間を省きたい方のために用いられている不動産テックの一つであるVR による内見・内覧が用いられています。ご希望の方はVRのヘッドセットを装着して、実際には行っていない不動産物件に入ってVR上で360度建物の外観、内観、周辺環境を見回せることができるサービスになります。この不動産テックのVR技術を用いることで、短期間に複数の不動産物件を移動することなく、内見、内覧することが出来ます。 スマイスターは私が宅建の勉強のために読んでいるスマイスターMagazineをコンテンツの一つとしている不動産情報サービスのポータルサイトですが、スマイスターでは、日本全国の不動産企業および、不動産に関連したデータベースを保持しています。このデータベースは不動産物件を探したい人が様々な条件で、不動産を検索することが可能で、かつ不動産企業にとっても掲載が無料で、ホームページやスマホ対応も無料ですので双方にとって大変便利なサービスとなっております。地図、路線、最寄り駅、売買から、賃貸仲介、土地を活用したい方やリフォーム関連まで数多くの企業を検索することができるたいへん便利なサービスです。

⑥スマイスターは全国1400社以上の企業に取引があります。1400社以上の不動産企業の求人、および不動産の仕事をしたい、転職したい方への求人サービスもスマイスター上で行っています。求人を探している人は、スマイスター上で雇用形態、全国の勤務地、ご希望の年収を選択するだけで、スマイスターのデータベースを用いたwebにおける人材紹介サービスを受けることができます。こちらも不動産テックを用いて全国の1400社以上の不動産会社とつながりのあるWebを用いたスマイスター ならではの、特殊な不動産テックの一種といえるでしょう。  



月別: 2018年10月

スマイスター|米国のリアルエステートテック

AIの能力は近年の技術革新により、今や飛躍的な発展を遂げています。 自動車の自動運転化への移行が加速していることや、証券会社の株式トレーダーから仕事を奪ったり、将棋に続き囲碁で人に勝利をおさめるなど、ここ数年のAIの能力の高まりには著しいものがあります。 今やAIの技術をどれだけ事業に取り入れることができるかが、多くの業界のトレンドとなった感すらありますが、アメリカでは不動産取引をバックアップする不動産テックが業界をけん引しています。 アメリカにおいて中古住宅の売買活性化を促す「リアルエステートテック」とはどのようなものかご紹介いたします。 日本の住宅建築に対する基本的な考え方として、建てては壊し、再び建てては壊すという、「スクラップ&ビルド」が長らく定着していました。 もともと木造家屋だった日本では、西洋のように石造りではありませんので、あくまで作ったものはいつか朽ち果て、壊れるという前提でした。 日本は古くから自然災害に翻弄されていましたし、江戸では大火事もよく起こっていたようですので、日本人にとって住宅とは建ててもいつか無くなるというものだったようです。 戦後の建設業や…



スマイスター|空き家バンクについて

現在の日本の住宅問題として、空き家が増え続けているという状況があります。 新築の建物がどんどん建設されていくなかで、今や世帯数よりも住宅の数の方が多いというのが現状です。 人口減少時代の到来が危惧されているなかで、地方の田舎における空き家問題は深刻ですが、都市部も無関係ではありません。 2015年に空き家対策特別措置法が施行されて、初めて行政による取り壊しが行われたのは神奈川県横須賀市にある空き家でした。 要因は人口減少を中心としながらも、都市部への雇用の集中や、長寿命化での介護施設の利用増加、経済成長時代の現代とマッチしない制度、新築することのみに特化した旧態依然とした利権構造など、さまざまな原因が絡み合って起こっているのがこの空き家問題です。 空き家が増える原因として、新しく建物を建てたからといって古い住宅が無くなるわけではないことが挙げられます。 空き家になっても解体されない、減失戸数が増えないのは、特に空き家が個人所有である場合顕著にあらわれます。 更地にした場合、つまり住宅のない土地では固定資産税が最大で4.2倍に増えてしまうのです。 つまり空き家を解体すると取り壊しにお金が…



スマイスター|レインズへの期待

不動産業のIT化は業界別で見るといまだ進んでいないというのが現状です。 不動産ポータルサイトや、スマイスターのような一括査定サイトのように、サービスの一部としてIT化が浸透してきている部分は確かにあります。 しかし、不動産に関する業務そのものが効率化・省力化されるといった、劇的な変化をもたらすIT技術の活用はいまだなされていない、というのが業界にとっての共通認識であり課題といえるでしょう。 不動産の営業を担当する社員を例にとっても、人力による集客のための活動や顧客への情報提供で、全体の業務の3割以上の時間を費やしているとも言われており、不動産情報のやり取りにIT技術を導入することによって改善できる余地はまだあると見られています。 不動産情報を収集するシステムとして、不動産業者間で物件の情報を登録・閲覧できる「REINS(レインズ)」という仕組みがあるのはご存知でしょうか。 レインズとはReal Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称であり、このレインズが保有している物件情報が、不動産ポータルサイトの情報源となっています。 …



スマイスター|ブロックチェーンについて

不動産業界に応用される不動産テックの核となる新技術として、「ブロックチェーン」があります。 ブロックチェーンとは、ビットコインなどの仮想通貨の取引管理で有名になった技術です。 資産や権利などの情報を、インターネットを通じて共有することで記録・保管・監視する技術で「分散型台帳」などとも呼ばれています。 これまで、重要な情報というのは特定の管理者が、莫大な費用をかけたデータサーバーで中央集約型の情報管理を行っていました。 データを集中管理することで、正確性や安全性を確保してきたのがこれまでの情報管理だったのですが、ブロックチェーンでは特定の場所も管理者もいらなくなります。 ブロックチェーンを活用することにより、高いセキュリティーとダウンすることのないシステムを低コストで実現することが可能となります。 複数の参加者がデータを共有しているため、1か所がダウンしても補完し合うことでシステムを稼働し続けることができます。 また参加者間のデータが共有されることで、複雑な事務プロセスを簡素化することにより、事務に掛かるコストを削減できるというメリットもあります。 一説では、システムのコストよりも事務コ…



スマイスター|IT重説とは

不動産業は、人々の生活に必要な衣・食につづく「住」に直結した大変重要なサービスといえるのですが、IT化が非常に遅れている業界といわれているようです。 不動産取引を行うためのルールを定めた宅地建物取引業法(宅建業法)が成立したのは1952年という、戦後まだ7年しか経っていない、大変古い時代に制定されています。 当時の物件購入者の利益の保護と、公正な取引のためを考えて作られた宅建業法ですが、その時代にインターネットはもちろんパソコンも存在しません。 宅建業法は、多くの点で時代と合わなくなってしまっているという問題に直面しています。 また不動産売買の取引手順には膨大な量のステップがあり、ほとんどが人の手で行われているために簡略化することが難しいといわれています。 産業別のデジタル化指数でも、もっともデジタル化が遅れている産業に分類されてしまっているのです。 もちろん、不動産業者同士の情報ネットワークであるレインズや、不動産ポータルサイトなど一部局地的に進んでいるところはありますが、ビジネススタイルに大きな変化をもたらしたというものではありませんでした。 いまだに紙やFAXによって情報の記録・…