リビンマッチMagazineから学ぶ不動産テック

タイトルにある通り、このサイトでは不動産テックを読者の皆様と勉強していこうと思います。難しい内容や斬新な内容が多いかと思いますが、なるべく分かりやすく記述しようと思いますので、ご覧いただけますと幸いです。よろしくお願いします。プロフィールを見てくれた方は、ご存知かもしれませんが私は宅地建物取引士つまり、宅建という国家資格を取得し、不動産業界に入ることを夢見て日々勉強に奮闘しています。宅建取得のために色々な本、様々なサイトから有益な情報を取得し、勉強の為こうしてアップしています。さて本サイトでは、今巷で話題のリビンマッチについて、読者の皆さんに知ってもらおうと思います。リビンマッチはご存知の通り日本最大級の不動産情報紹介サイトです。個人の方から企業の方、不動産事業を行っている会社であっても、不動産に関する知識がわかりやすく掲載されていて、宅建合格を目指す自分にもリビンマッチの内容は非常に参考になります。 特にリビンマッチのサイト中にあるリビンマッチマガジンでは最新の情報やリビンマッチと連携した著名人コラムなどもあり、日々の不動産に関するトレンド情報はこのリビンマッチのサイトから参考にしています。 リビンマッチの根幹は、複数の不動産の価格比較を簡単に行うことができる点にあるようですが、リビンマッチのサイトを利用したユーザー体験記などを見ると、不動産情報でタメになる事例やメリットデメリットも掲載されているので、自身の宅建学習にも役立つ情報が多いです。 当サイトでは、主に「不動産テック」の内容に関して学習しながら自分なりの思いを書いていきたいと思っているが、「不動産テック」以外にも役立つ情報はリビンマッチやリビンマッチマガジンを参考に綴っていきたいと思います。

 

不動産テックとは?

まずはそもそも、不動産テックってなんだろう?と思われた方も多いかもしれないですね。最近よく聞く、フィンテックに似ている、と思われた方もいらっしゃると思います。そもそもフィンテックとは英語で最近作られた造語であり、Fintech(financial technology)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語であって、ファイナンス・テクノロジーを略した言葉です。では不動産テックとは何でしょうか??もちろん、同様に不動産とTechnology(技術)を掛け合わせた造語です。英語ではRealReal Estate Techと呼ばれています。つまり、フィンテックが金融×ITに対して、不動産テックとは不動産×ITということになります。つまり、要約すると、不動産テックとは不動産×IT分野で活躍するスタートアップのベンチャー企業や、不動産ポータルサイトの運営企業などから生まれた新しい不動産サービスのことを、一般的にいいます。例を挙げるとキリがないのですが、テレビなどで放送されていてインパクトが強かったVRによる不動産物件の内覧や、Web上でのCtoCといったサービスなどが有名ですね。そしていうまでもなく、リビンマッチもその不動産テックの一つであり、日本ではまだまだ小さい市場ですがこれからどんどん、確実に成長していく産業の根幹の一つなのです。残念ながら実は日本の不動産業界は他国に比べると、不動産テックの分野は遅れているらしく、リビンマッチなどの不動産テックを学ぶことにより不動産の業界では国内で一歩他社よりも前進できるのです。

上述した不動産テックの例などを含め、不動産テックは主に下記のものがあります。

などになります。

では、①から順に事例を出しつつ分かりやすく説明致します。このサイトではリビンマッチを中心に不動産やITにも詳しくないかたでも分かりやすく具体的に説明致します。
 

まずはポータルサイトとは何かから説明します。ポータルとは英語で日本語に訳すと、「玄関」、「入り口」という意味になります。つまりポータルサイトとはインターネットで何かを調べたり、見たりしうるとき、最初の入り口となるサイトのことです。有名なポータルサイトしては、「google」、「Yahoo!」、「goo」、「livedoor」「MSN」などがあります。つまり、不動産の情報を調べたい、見てみたいという方に特化した方向けになるサイトが不動産物件の情報ポータルサイトになります。不動産の情報を求めたい方とはどういうかたでしょうか?まず思いつくのは引っ越しを考えている人ではないでしょうか?また、その次は、不動産関係の会社の方不動産を売却したいので査定をして欲しい方などもいらっしゃると思います。リビンマッチはこういった方々に向けた情報を集約しているポータルサイトになります。

例えば、引っ越ししたい方は不動産仲介のお店に行かれると思います。

不動産情報ポータルサイトのメリットとは?

不動産テックの重要性をおわかりいただけたでしょうか?具体的なメリットをリビンマッチ中心にこれから述べて行こうと思います。これから先、住まいを探さなければいけないという時みなさんならどうされます?

やはり不動産の仲介企業さんにお願いするのではないでしょうか?不動産仲介企業さんは全国に展開している大手不動産企業、町の不動産屋さんなど多数存在します。有名企業でいうと、住友不動産販売、century21、アパマンショップ、近鉄不動産、アットホーム、TVCMで有名なエイブルなどの企業があります。

大手不動産仲介企業だけではなく、町の小さな不動産屋さんも私が目指している宅建(宅地建物取引士)の資格を持つ人の仲介があって初めて成立しています。

マンション、アパートのいわゆるオーナーさん(いわゆる大家さん)は、所有する賃貸マンション、アパート、戸建て住宅と言った不動産物件をこう言った賃貸仲介業者さんにお願いして営業、広告をしてもらい、そして住んでくれる人を仲介してもらっているのです。

では、こういった不動産賃貸仲介業者さんはどこで利益を出しているのでしょうか。当然といえば、当然ですが不動産物件を貸すオーナーさん(大家さん)と不動産物件に住みたい人を仲介して仲介手数料、広告料等を売り上げとしています。ただし、不動産賃貸仲介業者のお店によって、当然ながら地域も様々なのでいちいち全てのお店に足を運ぶのは大変な労力がかかってしまいます。

ではインターネットのある現在、直接インターネットで物件を探せばいいのではないか、という意見もあるかと存じます。しかし、一つ一つのホームページを見るのは足を運ぶほどではないにせよ、これはこれで労力、時間がかかりますし、また自分の希望の不動産物件がすぐに直接見つけられるとは限りません。

そのため、現在では不動産物件の情報を中心に扱うリビンマッチをはじめとした不動産情報ポータルサイトがあるのです。私たちが何かわからないことや調べたいことがあるときにGoogleやyahoo!を使うように、不動産に特化した情報を極力漏れがなく調べたい時、リビンマッチといった不動産情報特化のポータルサイトを用いることで、より効率的に、楽に、そして希望により見合った不動産物件の情報を調べることができるのです。これが不動産情報ポータルサイトのメリットと言えるでしょう。  

それでは、不動産テックの2番目のメリットである不動産物件のオンラインでの査定について、説明したいと思います。このブログを読んでいる方の中には、引越しだけではなく、今住んでいる不動産物件を売却したいと考えている人(オーナーさん・大家さん)もいらっしゃるかと存じます。①では、不動産物件を借りたい人のメリットをリビンマッチの事例をあげてお伝えしました。今住んでいるマンション、戸建ての売却には、どのくらいの査定額がつくのか、普通はすぐにはわからないと思います。また、その不動産企業に売れば最も高く売れるのか、そもそもどこに売れば良いのか、分からないことだらけだと思います。売却先の不動産企業を同じく足を運んで直接査定してもらうのも、大変な労力が掛かる事でしょう。リビンマッチではそういった方に対して、その相場を知るための方法をお知らせしていきます。その方法とはリビンマッチのメリットの一つ、不動産物件のオンライン査定です。そして、もちろん査定は1社だけではありません。リビンマッチでは、全国1,400社以上の不動産会社へ一括でオンライン査定することが出来るのです。そして、その査定は無料で行うことができます。そして数ある不動産情報ポータルサイトの中で、顧客から不動産価格の満足度第一位、利用したい不動産情報ポータルサイトの第一位の声を頂いているのです。(楽天リサーチによる)オンライン査定も非常に簡単で、わずか4STEPで可能です。STEP1として、分譲マンション、戸建て、土地(更地)といった物件の種別を選択します。STEP2として、都道府県を北は北海道、南は沖縄まで日本全国から選択します。STEP3はSTEP2の続きで選んだ都道府県の市区町村を選択します。最後に、町名を選択して終了です。リビンマッチでは全国1,400社以上の不動産会社が加盟していますが、1回の査定では最大6社に無料で依頼することができます。リビンマッチは、分譲マンションから一戸建て、土地(更地)のみならず、一棟アパート・一棟マンション、1R・1K投資用物件、ビル一棟分、区分所有ビルなど幅広くご対応が可能です。その他にも店舗、工場や倉庫、農地などの物件も売却査定いたします。オンライン査定後、売却したい不動産企業がオーナー・大家さんが売却したい不動産物件の周辺情報・相場を調査し、不動産の査定価格を提示します。査定結果は当然、ご担当者の対応や調査のやり方などを複数社から比較して、どの不動産会社と媒介契約をするか選ぶことが可能です。そして①で不動産仲介会社の役割を説明させて頂いた通り、不動産仲介会社がリビンマッチといった不動産テックなどを通じて不動産物件を買いたい人を仲介してくれます。 ②ではオンラインによる不動産査定について説明いたしました。次に、AIによる不動産査定についてご説明させていただきます。まずはAIについてご説明します。AIとは、Artificial Intelligenceの略で、日本語に訳すと人工知能という意味になります。では人工知能とはなんでしょうか。具体的な説明をすることは意外と難しいと思います。簡単に説明すると、人の脳の中で行われている知的な作業をコンピュータで行うことができるソフトウェアやシステムを指します。例えば、人間の使う自然言語の理解や、論理的な推論、経験から学習したりすることが可能なプログラムになります。2016年には不可能と言われていた囲碁の世界チャンピオンにAIが勝利するといった衝撃的なニュースが流れました。囲碁は将棋、チェスに比べて盤が広く、手順も比較にならないほど多いゲームです。例えば、チェスはおおよそ、10の120乗、将棋はおおよそ、10の220乗の手順があると言われているのに対して、囲碁は10の360乗という途方も無い数の手順があると言われています。そのため、囲碁を物理的に完全に解明することは不可能と思われていて、AIが人間に囲碁で勝利するのはあと10年以上掛かると思われていたのです。このAIの急速な進化により様々な業界に革進が起こりつつあります。本ブログで説明している不動産テックもその一つです。例えば、②でご説明しましたオンライン査定の依頼を不動産会社の担当者にお願いすることをAIが同じく売却したい不動産物件の周辺情報・相場を調査し、不動産の査定価格を提示することや、本来不動産会社の担当者が行う接客をチャットで行うといった事や、売り手(貸して)側と買い手(借りて)側のマッチングをより速く正確に行うといったことがされつつあります。 本項ではVRによる物件内見の疑似体験について説明いたします。まず、VRにつきまして、こちらはAIよりも身近な存在で、このブログを読んでいる方もVRをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。私自身もVRを体験したことがあります。VRとはバーチャル・リアリティ(virtual reality)の略語で、現実ではないですが、現実と同じような環境を、人間の五感を含む感覚を刺激することで作り出す技術およびその体系。日本語では仮想現実と訳されることが多いです。VRヘッドセットいとつにを装着することによって、ゲームの中や、綺麗な景色に囲まれているのと酷似した感覚を味わうことが可能です。では不動産テックにおけるすでに利用されているVRの利用方法をご説明したいと思います。不動産を借りる方、買われる方は当然内見・内覧をされるかと思います。ここでも①、②同様、複数の不動産物件で内見・内覧することは大変に労力が掛かる事かと存じます。この手間を省きたい方のために用いられている不動産テックの一つであるVR による内見・内覧が用いられています。ご希望の方はVRのヘッドセットを装着して、実際には行っていない不動産物件に入ってVR上で360度建物の外観、内観、周辺環境を見回せることができるサービスになります。この不動産テックのVR技術を用いることで、短期間に複数の不動産物件を移動することなく、内見、内覧することが出来ます。 リビンマッチは私が宅建の勉強のために読んでいるリビンマッチMagazineをコンテンツの一つとしている不動産情報サービスのポータルサイトですが、リビンマッチでは、日本全国の不動産企業および、不動産に関連したデータベースを保持しています。このデータベースは不動産物件を探したい人が様々な条件で、不動産を検索することが可能で、かつ不動産企業にとっても掲載が無料で、ホームページやスマホ対応も無料ですので双方にとって大変便利なサービスとなっております。地図、路線、最寄り駅、売買から、賃貸仲介、土地を活用したい方やリフォーム関連まで数多くの企業を検索することができるたいへん便利なサービスです。

⑥リビンマッチは全国1400社以上の企業に取引があります。1400社以上の不動産企業の求人、および不動産の仕事をしたい、転職したい方への求人サービスもリビンマッチ上で行っています。求人を探している人は、リビンマッチ上で雇用形態、全国の勤務地、ご希望の年収を選択するだけで、リビンマッチのデータベースを用いたwebにおける人材紹介サービスを受けることができます。こちらも不動産テックを用いて全国の1400社以上の不動産会社とつながりのあるWebを用いたリビンマッチならではの、特殊な不動産テックの一種といえるでしょう。  



リビンマッチ|米国のリアルエステートテック

AIの能力は近年の技術革新により、今や飛躍的な発展を遂げています。 自動車の自動運転化への移行が加速していることや、証券会社の株式トレーダーから仕事を奪ったり、将棋に続き囲碁で人に勝利をおさめるなど、ここ数年のAIの能力の高まりには著しいものがあります。 今やAIの技術をどれだけ事業に取り入れることができるかが、多くの業界のトレンドとなった感すらありますが、アメリカでは不動産取引をバックアップする不動産テックが業界をけん引しています。 アメリカにおいて中古住宅の売買活性化を促す「リアルエステートテック」とはどのようなものかご紹介いたします。 日本の住宅建築に対する基本的な考え方として、建てては壊し、再び建てては壊すという、「スクラップ&ビルド」が長らく定着していました。 もともと木造家屋だった日本では、西洋のように石造りではありませんので、あくまで作ったものはいつか朽ち果て、壊れるという前提でした。 日本は古くから自然災害に翻弄されていましたし、江戸では大火事もよく起こっていたようですので、日本人にとって住宅とは建ててもいつか無くなるというものだったようです。 戦後の建設業や…



リビンマッチ|空き家バンクについて

現在の日本の住宅問題として、空き家が増え続けているという状況があります。 新築の建物がどんどん建設されていくなかで、今や世帯数よりも住宅の数の方が多いというのが現状です。 人口減少時代の到来が危惧されているなかで、地方の田舎における空き家問題は深刻ですが、都市部も無関係ではありません。 2015年に空き家対策特別措置法が施行されて、初めて行政による取り壊しが行われたのは神奈川県横須賀市にある空き家でした。 要因は人口減少を中心としながらも、都市部への雇用の集中や、長寿命化での介護施設の利用増加、経済成長時代の現代とマッチしない制度、新築することのみに特化した旧態依然とした利権構造など、さまざまな原因が絡み合って起こっているのがこの空き家問題です。 空き家が増える原因として、新しく建物を建てたからといって古い住宅が無くなるわけではないことが挙げられます。 空き家になっても解体されない、減失戸数が増えないのは、特に空き家が個人所有である場合顕著にあらわれます。 更地にした場合、つまり住宅のない土地では固定資産税が最大で4.2倍に増えてしまうのです。 つまり空き家を解体すると取り壊しにお金が…



リビンマッチ|レインズへの期待

不動産業のIT化は業界別で見るといまだ進んでいないというのが現状です。 不動産ポータルサイトや、リビンマッチのような一括査定サイトのように、サービスの一部としてIT化が浸透してきている部分は確かにあります。 しかし、不動産に関する業務そのものが効率化・省力化されるといった、劇的な変化をもたらすIT技術の活用はいまだなされていない、というのが業界にとっての共通認識であり課題といえるでしょう。 不動産の営業を担当する社員を例にとっても、人力による集客のための活動や顧客への情報提供で、全体の業務の3割以上の時間を費やしているとも言われており、不動産情報のやり取りにIT技術を導入することによって改善できる余地はまだあると見られています。 不動産情報を収集するシステムとして、不動産業者間で物件の情報を登録・閲覧できる「REINS(レインズ)」という仕組みがあるのはご存知でしょうか。 レインズとはReal Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称であり、このレインズが保有している物件情報が、不動産ポータルサイトの情報源となっています。 …



リビンマッチ|ブロックチェーンについて

不動産業界に応用される不動産テックの核となる新技術として、「ブロックチェーン」があります。 ブロックチェーンとは、ビットコインなどの仮想通貨の取引管理で有名になった技術です。 資産や権利などの情報を、インターネットを通じて共有することで記録・保管・監視する技術で「分散型台帳」などとも呼ばれています。 これまで、重要な情報というのは特定の管理者が、莫大な費用をかけたデータサーバーで中央集約型の情報管理を行っていました。 データを集中管理することで、正確性や安全性を確保してきたのがこれまでの情報管理だったのですが、ブロックチェーンでは特定の場所も管理者もいらなくなります。 ブロックチェーンを活用することにより、高いセキュリティーとダウンすることのないシステムを低コストで実現することが可能となります。 複数の参加者がデータを共有しているため、1か所がダウンしても補完し合うことでシステムを稼働し続けることができます。 また参加者間のデータが共有されることで、複雑な事務プロセスを簡素化することにより、事務に掛かるコストを削減できるというメリットもあります。 一説では、システムのコストよりも事務コ…



リビンマッチ|IT重説とは

不動産業は、人々の生活に必要な衣・食につづく「住」に直結した大変重要なサービスといえるのですが、IT化が非常に遅れている業界といわれているようです。 不動産取引を行うためのルールを定めた宅地建物取引業法(宅建業法)が成立したのは1952年という、戦後まだ7年しか経っていない、大変古い時代に制定されています。 当時の物件購入者の利益の保護と、公正な取引のためを考えて作られた宅建業法ですが、その時代にインターネットはもちろんパソコンも存在しません。 宅建業法は、多くの点で時代と合わなくなってしまっているという問題に直面しています。 また不動産売買の取引手順には膨大な量のステップがあり、ほとんどが人の手で行われているために簡略化することが難しいといわれています。 産業別のデジタル化指数でも、もっともデジタル化が遅れている産業に分類されてしまっているのです。 もちろん、不動産業者同士の情報ネットワークであるレインズや、不動産ポータルサイトなど一部局地的に進んでいるところはありますが、ビジネススタイルに大きな変化をもたらしたというものではありませんでした。 いまだに紙やFAXによって情報の記録・…



リビンマッチ|インターネットを活用しよう

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「アパート管理を楽にする方法」の記事です。   アパート管理はできるだけ楽に行いたいと考えている人も多いでしょうが、アパート管理はとても大変で、店舗経営に匹敵するぐらい難しいのです。しかし、自分である程度工夫をする事によって、多少ではあってもアパート経営を楽にする事も可能です。 その為にはまずアパートを経営していく上で必要になる業務内容を一覧にしてみて、徹底的に無駄がないかを調べていくのです。調べる時はインターネットでアパート管理業務といったワードで入力して、他の人が行っている体験談や経営の基本が載っているサイトを参考にしてみるのも一手です。 その上で業務内容を比較していくと、このような事をしなくても、もっと簡単に行う方法があるのかという事を知る事も可能です。そうする事で無駄を省き、多少ではあってもアパート管理の業務内容を減らす事や、楽に行っていく事が可能になります。 もちろん人によってやりやすい方法は変わってきます。自分のやりやすい方法で仕事を行う事が重要ですが、このような事はアパート管理以…



リビンマッチ|業者に相談かインターネットか

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「専門の業者に相談して一戸建てを買取にて売却する方法を確認する」の記事です。   今はインターネットでいろいろと調べられる時代になっています。不動産関係の事でも同じです。まずは、インターネットで情報収集をする方が多いはずです。最近では買取という方法で一戸建てを売却しようとする方も多いので、その買取についていろいろと検索をしてみるなら有益な情報を得ることができます。 一方で、自分読んだだけではわからない様々な要素が関係してくるはずです。最終的にどこかの段階で専門の不動産業者に相談をする必要があります。物件を売却するにはある程度の時間がかかりますし、費用もかかります。 なるべく早い段階で専門の不動産業者と話をすることによって、陥りがちな落とし穴に注意することができます。様々な売却方法がある中で買取という方法のメリットとデメリットきちんと把握しておくことが大切です。実績のある不動産業者であれば、極力効率よく後、迅速に手続きを進められるようアドバイスを得ることができます。   詳しくご覧にな…



リビンマッチ|競売で即現金化

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「競売によって住宅を買取し、その後即現金化」の記事です。   あなたが以前から所有するマンションやアパートと言った住宅を、インターネット上に提供されているあるサービスを利用することで、複数の不動産業者に、あなたの住宅の見積を依頼することができ、それぞれの業者が、それぞれの査定価格をあなたに提示してくれるというものがあります。 そのサービスは「中古住宅一括査定サービス」といい、より高い査定価格を提示してくれる業者でも、短期間で一括で調べることが出来ます。今所有している住宅を即現金化したいという要望を抱えている方にもぜひともお勧めしたいサービスです。 また実際に買取、または売却活動を依頼する業者が決まれば、もし購入希望者が多かった場合には、あなたの住宅を競売にかけることをお勧めします。競売と中古住宅一括査定サービスを利用することで、より短期間で、そして確実に即現金化するための環境が整います。このようなサービスは、インターネットという情報網だからこそなせる技です。   詳しくご覧になりたい…



リビンマッチ|一戸建ての買取依頼をうまく進める秘訣

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「一戸建ての買取依頼をうまく進める秘訣をマスターすべき」の記事です。   不動産屋さんの仕事は仲介業だけではありません。最近では一戸建てを直接買取してくれる不動産屋さんも多いのです。その買取を専門にして行っている業者もあるほどです。この買取という方法での売却をうまくやる秘訣をマスターしておくと、忙しい引越し時期になるべく時間を取られないように助けられるはずです。 買取を考え始めた時にまず最初に時間を取られるのが不動産業者選びです。よほど行きつけの不動産屋さんがあれば良いですが、そうでない場合はどこが信頼できるか、どこが高く買い取ってくれるかと悩んでしまうはずです。そのような場合にはインターネット上で一括で査定依頼をすることができます。 そこで、おおよその各会社の査定額を調べておいて、そこから数社に候補を絞るなら大幅にかかる時間を短縮できるに違いありません。このように賢く買取を進めるなら余裕をもって引越しの準備をすることができます。   詳しくご覧になりたい方はリビンマッチコラム「一戸…



リビンマッチ|インターネットで情報を集める

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットで情報を集めて一戸建ての買取のための手続きをする」の記事です。   一戸建ての買取を考える時に欠かせないのはインターネットです。インターネットにある様々な情報を有効に活用することによって、一戸建ての買取を成功させることが可能となります。 不動産を売却するためには様々な手続きが必要であり、色々な方法を選択する必要があります。自分が今どのような選択を取れば、結果的に得をすることになるのかという観点で考えながら行動する必要があるのです。 インターネットにより、自分の所有する一戸建ての現在の相場を予測することができます。一括査定や一括見積のサービスを利用してみたり、自分の物と似たような物件のデータを集めることにより、どれくらいの価値があるのかその相場を知ることができます。 これらのデータを用いながら、具体的にどの業者に買取を頼むのか、あるいは仲介をしてもらい、不動産を売却するかを決めていきます。また、手続きに関して分からないことがあれば、それをインターネットで調べることができます。でき…



リビンマッチ|マンション買取業者に査定

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットでマンション買取業者に査定依頼する」の記事です。   マンションを買取する業者というのは沢山存在しており、買取の方面だけに特化した業者も今では沢山見かけます。 現在ではインターネットが非常に発達したこともあり、マンション買取業者もインターネットを利用すれば比較的簡単に見つける事ができます。 インターネット上に数多く存在している不動産のウェブサイトには、複数の業者から一度に査定を受ける事のできるサービスを展開していたり、簡単な情報を入力するとある程度の査定価格を提示してくれるサービスをしているウェブサイトも存在します。 通常、複数の不動産会社を回ることで満足できる査定が見つかるものですが、一括査定サイトの場合、深夜や早朝といった時間帯でも買取査定を行えるため、有効度が高いです。   複数業者への見積もり依頼はインターネット上で完結できます。マンション買取を依頼する場合、複数業者から見積もりをとることで1社のみ査定を行うことで発生する価格のリスクを避けるようにしてください…



リビンマッチ|インターネット営業

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「土地買取インターネット営業について」の記事です。   土地の買取サービスもインターネットから簡単にすることができます。 インターネット上には、専用サービス業者がたくさんあります。ご自身の都合にあわせて利用するとたいへん便利です。はじめて利用する方でも専門の営業スタッフの方が親切・丁寧に対応してくれて安心です。営業スタッフの方が相談にものってくれます。   インターネットを活用して土地の買取サービスを利用すれば、どなたでも簡単に土地の売買することができます。 手続き作業も簡単に行えますから、いつでも好きなときに利用することができます。売買手数料もお手頃で利用もしやすいサービスです。うまく活用することで利益も増やすことができます。   土地買取サービスを利用することで、不要になった土地も簡単に売却することもできます。 ご自身では管理しにくい土地は、業者に買い取ってもらうと便利です。見積もりも営業スタッフの方が行ってくれて便利です。ご自身の希望の値段で売ることもできます。営業ス…



リビンマッチ|効率的な住宅の買取

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットの台頭により、効率的な住宅の買取を検討が容易に」の記事です。   今ではインターネット上で、あなたが所有する住宅を、複数の不動産業者に見積してもらい、 それらの業者から提示された査定価格をもとに、実際にどの不動産業者を利用するのかを、あなた自身で検討し、実際にコンタクトを取るサービスが提供されています。 それが「中古住宅一括査定サービス」です。このサービスを利用することで、あなたは複数の不動産業者の中から、 自分の都合に合わせた価格やサービスを提供してくれる業者を検討・選択することができ、尚且つより効率的に、そしてより高い買取価格を提供してくれる業者を選択することが可能となりました。   通常、複数の不動産業者に一括で見積をしてもらえる方法は他にはありません。 この「中古住宅一括査定サービス」の存在は、あなたの不動産買取をより短時間で進めることができ、尚且つあなたの満足のいく査定価格を提示している業者を選ぶことも出来ますから、経済的な面でも重宝されるサービスです。 &…



リビンマッチ|一括査定サイトが大活躍する理由

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「不動産を高く売るために一括査定サイトが大活躍する理由」の記事です。   これから家を売ろうと検討した場合、「出来るだけ高く売りたい」と考えるのは当然です。では、不動産を高く売るためにはどうすればいいのでしょうか? 一般の方で、普段から不動産会社と関わりがあったり、不動産の相場や仲介手数料に詳しい人は少ないと思います。 そういった方には一度に複数の会社へ問い合わせができる一括査定サイトを利用することをおすすめします。 不動産を高く売るためには「比較」が重要 不動産を売るために、複数社に一括で問い合わせすることのメリットは、複数社に相談することであらゆる比較をすることができるという点です。 不動産を売ることは、購入することと比べて10倍難しいといわれており、価格の付け方や集客方法には不動産に関する専門性や、経験が必要です。 そういった中で複数の会社に問い合わせをすることは、不動産の専門的な知識を持たない売主であっても、比較することで一番自分に合う売却方法を見つけることが可能で、より高く売却できる…



リビンマッチ|一括査定サービス

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「変化する住宅買取相場とインターネットの一括査定サービス」の記事です。   マンションや戸建が建つ土地や周辺環境により住宅買取相場は全く変わってきます。 これは実際の売却金額でも同様で、やはり利便性が高いとされる一等地では売却金額も高額となり、不便な立地、環境では売却金額も当然低くなるのが普通です。 不動産は独特の世界で特殊な専門用語や知識が必要となる為、なかなか個人同士での不動産売買は難しく、その為殆どの人は不動産会社での売却を考えます。不動産会社では仲介や買取という方法を使いますが、買取の際には査定が必要となります。 査定は多くの会社から取るというのは最早常識となりつつありますが、一社一社査定を依頼するには時間と労力が必要となってきます。そういった際に活用したいのがインターネットの一括査定サービスです。 インターネット上には様々な不動産会社や業者が経営するウェブサイトが存在しており、その中には一括査定を行っているサイトも存在します。そこでは複数の業者にまとめて査定を依頼する事が可能なのでと…



リビンマッチ|住宅買取を業務とする不動産会社

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「住宅買取を業務とする不動産会社はレインズを使った営業もある」の記事です。   不動産会社の業務というのは実に様々なものがあります。仲介により売主から預かった物件の新しい買主を探したり、直接その物件を買取したりして販売する事もしています。 不動産会社にも規模があり、全国的に有名でテレビコマーシャルを流したりして沢山の営業マンを抱えるような企業もあれば、営業マンを殆ど使わない不動産会社も存在します。 不動産会社の業務の中で市場に出ている不動産情報の確認や情報収集というのは非常に大事で、その為にレインズというシステムネットワークを今では殆どの不動産会社が使用しています。レインズというのはReal Estate Information Network Systemの頭文字を取って名付けられたもので、全国の不動産情報を全て管理しているネットワークシステムなのです。   不動産会社ではこうしたものを利用して全国に存在する不動産情報を収集したり、お客さんからのニーズに合わせて物件を紹介したりして…



リビンマッチ|不動産買取り相談を一括で行う

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「不動産買取り相談を一括で行うメリット」の記事です。   不動産を売却するときには、買取をしてもらう必要があります。ですが、そのときには出来るだけ高い値段で買い取ってもらいたいものです。そのための方法としては、複数の会社に査定を依頼する必要があります。 ですが、複数の会社に査定を依頼するのは、面倒に感じてしまうことが多いです。 当然一つの会社に査定の相談を依頼するよりも、面倒がかかってしまうからです。それが面倒で、妥協するという人も居るかもしれませんが、実は一括でその査定の相談をすることは出来るのです。 もちろん、一括で依頼することが出来るのですから、手間も少なくて済ませることが出来るのです。 その上、一度に複数の会社に査定を依頼することが出来るのです。また、一括で依頼すると、査定額も高価にしてもらうことができるのです。インターネットで申し込みをすることができます。 結果についてもすぐに知らせてもらうことが出来るため、とても便利です。査定を依頼するときには、一度使ってみるといいです。 &nbs…



リビンマッチ|一等地のマンションを買取してもらうなら

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「一等地のマンションを買取してもらうなら相場チェックから」の記事です。   一等地にあるマンションを持っている人で、そのマンションの買取を依頼しようとしている場合、まず最初に自分自身で行っておきたいことがあります。   それは、何かと申しますと、インターネットを利用したり、または不動産屋さんを利用しまして、その地域にあるマンションの相場価格をチェックします。 相場価格を知っておくということは、その後の買取査定額が提示された時の価格交渉のとても大切な参考材料になってくるのです。 相場価格を知らない状態で、価格交渉を行ったとしても、足元を見られてしまいまして、価格交渉もなかなかうまく進みません。 ですから、事前の相場チェックというものは必要なのです。   今の時代、インターネットというとても便利なツールがあります。インターネットを利用することにより、マンションの相場価格はチェックが可能となってきます。それでも難しい、わからないという場合は、不動産屋さんに相談してみると、価格帯の…



リビンマッチ|住宅買取専門業者であっても

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「住宅買取専門業者であっても査定価格を比較する」の記事です。   住宅のような不動産を扱う会社は数多く存在しますが、最近では住宅を専門的に買取るような不動産会社もよく見かけるようになりました。 インターネットで探すと比較的簡単に見つける事が可能なのですが、こうした業者に売却を依頼する場合でも決して一社だけでなく複数の業者に査定を依頼する必要があります。 査定というのはそれを行う会社により金額が大きく変わってくる事もあり、時には査定価格に百万円単位の差が出る事もあるのです。 したがって、査定を依頼する際には可能な限り数多くの会社に依頼し、全ての会社から提出された査定価格を見比べてみる必要があります。これを面倒臭がって怠ると、大きな損失になることもありますから注意が必要です。 査定の方法は会社により違っており、物件の状態は勿論の事ですが様々な事を考慮しながら金額を出します。つまり、査定価格には非常にばらつきが多いのです。 その為多くの会社から査定価格を出して貰い、その金額を比較するというのは重要で…



リビンマッチ|郊外のマンションの買取査定

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「郊外のマンションの買取査定を効率よく進める方法」の記事です。   郊外のマンションは近年、その静かな環境と落ち着いた雰囲気でかなり人気を集めています。 こうした物件はかなり買取査定が特殊な場合があり、良い物件でありながらも家賃が安めになることが多くあまり利益を生み出せないような場合も多いです。 したがって、マンション買取をする時にはしっかりと付加価値を高めておく必要があります。   マンションにおいての付加価値とは、駐車場やセキュリティの向上、備え付けのテレビや冷蔵庫を指し、ある程度の生活を事前に保証出来るようになっているとより魅力的な物件になります。 近年では特にインターネットの接続を簡単にできるような物件が魅力的で、多くのマンションで導入しています。   郊外にあるマンションの場合には特に査定を行う際の目視においてインターネットの設備や駐車場はかなり重要なポイントになります。 特に生活において役に立つ備品はその買取金額を高くするのに効果があり、できるだけ事前の用意をすることでよ…



リビンマッチ|不動産の買取大手の会社

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットにおける不動産の買取大手の会社」の記事です。   日本には多くの不動産会社があり、これらを現実的に活用することができます。 わたしたちが最新の不動産ビジネスを展開していく場合、これらの専門の会社の存在はより大きくなります。 また、最新のインターネットでは大手の会社の情報も公開されているため、主にビジネスの参考にすることも可能です。 不動産等の商品は、主に日本でも買取が人気です。これらの人気には、より便利なインターネット買取の影響が顕著にあらわれています。 ユーザーはインターネットにおける大手の不動産会社を利用していくことで、効率的な不動産の獲得ができ、そのためにインターネットの専門サイトが役に立っています。 現在の日本のインターネットには、幅広い買取会社がサイトでサービスを売り込んでおり、これらのサービスの中には、ユーザーの買取をサポートするものも含まれています。 わたしたちはこれらの信頼性の高いサービスを活用することで、日本において理想的な不動産ビジネスをすることができます。…



リビンマッチ|一戸建ての買取のための手続き

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットで情報を集めて一戸建ての買取のための手続きをする」の記事です。   一戸建ての買取を考える時に欠かせないのはインターネットです。インターネットにある様々な情報を有効に活用することによって、 一戸建ての買取を成功させることが可能となります。 不動産を売却するためには様々な手続きが必要であり、色々な方法を選択する必要があります。   自分が今どのような選択を取れば、結果的に得をすることになるのかという観点で考えながら行動する必要があるのです。 インターネットにより、自分の所有する一戸建ての現在の相場を予測することができます。 一括査定や一括見積のサービスを利用してみたり、自分の物と似たような物件のデータを集めることにより、どれくらいの価値があるのかその相場を知ることができます。   これらのデータを用いながら、具体的にどの業者に買取を頼むのか、あるいは仲介をしてもらい、不動産を売却するかを決めていきます。また、手続きに関して分からないことがあれば、それをインター…



リビンマッチ|住宅の買取を検討が容易に!

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットの台頭により、効率的な住宅の買取を検討が容易に」の記事です。   今ではインターネット上で、あなたが所有する住宅を、複数の不動産業者に見積してもらい、 それらの業者から提示された査定価格をもとに、実際にどの不動産業者を利用するのかを、 あなた自身で検討し、実際にコンタクトを取るサービスが提供されています。 それが「中古住宅一括査定サービス」です。このサービスを利用することで、 あなたは複数の不動産業者の中から、自分の都合に合わせた価格やサービスを提供してくれる業者を検討・選択することができ、 尚且つより効率的に、そしてより高い買取価格を提供してくれる業者を選択することが可能となりました。 通常、複数の不動産業者に一括で見積をしてもらえる方法は他にはありません。   この「中古住宅一括査定サービス」の存在は、あなたの不動産買取をより短時間で進めることができ、 尚且つあなたの満足のいく査定価格を提示している業者を選ぶことも出来ますから、経済的な面でも重宝されるサービスです…



リビンマッチ|任意売却や競売物件を探そう

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。   今回は、「任意売却や競売物件の一戸建てをインターネットから探す」の記事です。   任意売却や競売として売り出されている一戸建て物件はインターネットで検索する事が出来ます。 地域を絞り込む事で、希望する場所にある物件情報や地価動向を知る事が出来るのです。 一戸建て物件の物件情報には、物件の概要として、建物がある場所やこれから建設される場所が記されています。 また、その場所を表す地図が掲載されている物件も多く有ります。物件を探す人が重視する事は、土地や建物の広さや価格です。 土地の広さの中で注意をしなければならない事は、私道が含まれている場合の私道の持分や、私道の利用用途です。 また、セットバック要とされている物件も有ります。注意を要します。 既存の建物がある中古物件でも、セットバック要となっている場合は、取り壊してから建築を行う際には、セットバックを行う事で許可が下りますので、どうしても広さが現況よりも狭くなる傾向になります。 細い通路となる私道を使い、奥まった場所に建築する場合は、解体を…



リビンマッチ|土地買取の業者とは

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。   今回は、「インターネットに存在する土地買取の業者とは」の記事です。   最新の技術は、個人にとっても大きなメリットがあります。わたしたちは特に広い情報を駆使することで、 現代のビジネスを大きく成功させることができます。特に不動産ビジネスでは、専門業者に仕事を依頼することが重要になっている今日です。 わたしたちはこれらの業者を探すために、現実的に多くの情報を駆使できます。 土地買取と専門業者の関係は、近年ではより大切なものになっています。これらの協力関係は強力なものであり、個人の土地買取にも大きな影響を与えていきます。 また、最近ではインターネットで活躍する不動産業者も多く、ユーザーの選択肢を広げています。わたしたちはこれらの存在によって、より大規模なビジネスができます。 ビジネスにおけるインターネットの用途は、現代社会においてより幅広くなっています。中でも会社の検索機能は充実しており、わたしたちは適切な会社のサービスを探すことができます。   土地買取では信頼性の高い専門業者を…



リビンマッチ|住宅の買取後、即現金化!?

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットの力を使って住宅の買取後、即現金化する」の記事です。   あなたが現在所有している住宅を、インターネットの力を用いて、より迅速に、そしてより高値で買取してもらうにあたって最適なサービスがあります。それが「中古住宅一括査定サービス」です。このサービスを用いることで、現在所有する住宅を即現金化したいという願いを持たれている方にも、その願いを実現していただくことができます。 具体的には、あなたが所有する住宅の見積を、そのサービスに登録されている全国各地にある複数の不動産業者に依頼することができます。もちろんこの依頼する費用は無料です。そしてその後、業者の方から査定価格の結果が送られてきます。あなたはそれらの結果を見て、中でも高い査定価格を提示してきている業者を選択することができます。 その業者に実際に買取を依頼することにしたのであれば、いち早く不動産業者に買取をしてもらい、あなたはすぐにでも現金を手に入れていただくことができます。またこの中古住宅査定サービスを利用する際には、それぞれ…



リビンマッチ|売却成功のポイント

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「インターネットで不動産売却を成功させるポイントとは?」の記事です。   最近では、不動産の売却や購入を検討する際、インターネットを利用することは必要不可欠であり、ホームページを持たない不動産会社は極少数です。検討者はネットで、膨大な数の不動産会社から要望に沿う企業を探さなくてはならなくなりました。 そこで、今回は株式会社リアルさいたま・星地様にインターネットを使った不動産会社を選びのポイントや売却のコツについてお伺いしました。 インターネットで不動産会社を選ぶポイントは何ですか? お客様は検索をかけて上位に出てくるHPから見ているのかな?と思います。それとポータルサイトの会社紹介から辿りつくパターンもありますね。 そんな中で、HPの作りが見やすいかどうかは非常に重要だと思います。お客様が見に来ることを意識しているのかどうか、という部分ですね。綺麗で見やすいと思えば、HPの中身もしっかり読んで頂ける。それに情報量の多さや綺麗な画像が載っているか等も注意して見てほしいですね。 リビンマッチのよう…



リビンマッチ|不動産情報システム

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「土地・買取・大手・レインズについて」の記事です。 土地の売却・買取を考えたとき、まずは不動産会社へ出向いて売買契約をするのが一般的です。これは個人で購入者を探すよりも効率的であり、法的な事項をまじえた手続きをするには不動産に対する専門的知識が必要になるのです。不動産業者では専門のシステムを使うことで、効率の良い売買が可能になります。 レインズとは、国土交通省の指定をうけた不動産情報システムのことを指します。これは不動産業者が物件情報を共有できるシステムで、より効率的な物件売買ができ、幅広く活用されているのが特徴です。レインズには売買情報だけではなく、売買成立の情報も登録されており、膨大な数の不動産情報が共有できるのです。 しかし自社が持ってきた物件情報を他の不動産業者が売買成立させてしまうという事も少なくはありません。そのため物件情報を豊富に持っている大手では、レインズに登録していない非公開物件というのを扱っている場合もあります。大手不動産業者であれば、未だ公開されていないお得な物件と出会える可能性も…



リビンマッチ|不動産テック1

リビンマッチのリビンマッチコラムで、不動産テックに関する記事を紹介します。 今回は、「レインズを利用した土地買取希望者を探す営業活動」の記事です。   土地の売却の為に不動産会社と契約すると不動産流通標準情報システム(通称レインズ)と国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムに土地の情報を登録出来ます。レインズで営業活動を行えばシステムに登録している土地買取希望者を探す事が可能です。 レインズでは複数のサーバを設置し、不動産の情報をオンラインで処理しています。膨大な量の不動産情報が登録されており、検索する事で目的の情報を探す事が可能です。これまでの取引事例も蓄積されているため、会員にとって適切な資料を提供してくれます。情報はリアルタイムで更新され、常に最新の情報が手に入ります。 レインズにて希望の土地が見つかった場合、不動産会社を介して売手側の不動産会社と交渉を行います。売手により膨大な情報が登録され、沢山の買手がそれを検索出来ますから売手は購入希望者を買手は希望通りの土地を探す時間を短縮出来ます。レインズでは不動産業界が売手、買手の両方をサ…



リビンマッチ|不動産テックが進むにつれて

この ”リビンマッチ ファンと不動産テック” を ご覧になっている方ならなんとなく不動産テックについての イメージが出来上がって来ている方も多いのではないでしょうか。 今後、「不動産テック」がさらに普及し、発展して行くことになると思いますが、 そのような時に不動産業界ではどのようなことが変わって行くのでしょうか。   「電通テック」はテクノロジーを使って不動産に関するやりとりをすることも含まれているので、これまで不動産業者にしかわからなかった情報も一般の人でも知ることが可能になり、不透明だと言われて来た不動産業界の透明化にも繋がっていると言われています。 情報が透明化されることで、ある一定部分の公平化に繋がります。価格などは一番わかりやすいところかもしれません。 そして、以前よりも簡単に不動産に関するやりとりを行うことができるようになるため、少し時間がかかることなどでもテクノロジーを使って終わるので多くの人が市場に介入しやすくなり、市場の活性化にもつながると言われています。   テクノロジーは日々進化していっているので、使うテクノロジーが進化して行く過程で今利用して…



リビンマッチ|不動産テックとAI

不動産業界は他業界と比較してIT化が遅いと言われています。 とはいえ現在、不動産業界にも確実にも確実に技術革新の波が訪れてきています。 技術革新の波は不動産テックと呼ばれています。 これからの不動産業界を占う上では不動産テックに関するニュースに注目する必要があります。 今回は不動産業界AI化についてご紹介します。 AIによって不動産会社の業務が変わり、職を失う人もいるのでしょうか。 正直にお話しすると、「売買仲介の世界は、AIに職を奪われるまでにはまだまだ 時間はかかるかと思います。 というのは、そもそも、AI化に必須となる使えるデータをため込んでいく仕組みが ないからです。 もし必要なデータが蓄積されたらAI化の波が訪れることは間違いありません。 例えば、物件の資料をこういう順番に出した方が良いということがわかれば、 自動で物件情報の提出をオートメーション化ができるかもしれません。 不動産業界のAI化について詳しく知りたい方は、リビンマッチmagazineオススメです!!



リビンマッチ|不動産テック GPS

不動産テックはITをはじめとしたテクノロジーと不動産を掛け合わせたサービスのことを指します。 今回は不動産テックの中でもGPS技術×不動産業界の未来のお話し、GPSと不動産テックについて紹介して行きます。 6月1日、日本版GPSの構築を目指す準天頂衛星「みちびき」を乗せた大型ロケット「H2A」が打ち上げられました。GPS構築のための衛星は年内にはあと2機打ち上げられる計画があるそうです。それが実現すれば誤差6cm以内という世界最高レベルの精度での位置測定ができる体制を整うそうです。この技術が実用化されれば、トラクターの自動運転や、ドローンを使った配達など様々な分野でGPSの技術は活躍していくでしょう。 日本版GPSによって業態が変わるのは、農業や宅配業界だけではありません。不動産業界にも大きな技術革新の波がやってくるはず、 GPSによって変化する不動産の売買について予想してみることは不動産テックを考えるうえで大きな意味があります。 リビンマッチmagazineでは不動産テックとGPSについての記事をご覧いただくことが可能です。



リビンマッチ|不動産テック VR・AR

不動産業界にはいま続々と新しい技術が導入されています。 リビンマッチ好きの管理人がお伝えする不動産テック情報では、今回はVR・ARについての記事をご紹介します。 まずはじめに、VR・ARとはそれぞれなんなのでしょうか。 VR・ARとは VRはvirtual realityの略称であり、日本語では仮想現実と訳されています。古くからVRの技術は映画やテレビなどで用いられてきました。2016年はVR元年とも言われVR技術を体験出来るゴーグルが各社からリリースされ、ゲームなどエンターテーメントの業界に大きな革新をもたらしました。 ARはAugmented Realityの略称で、一般的には「拡張現実」と訳されてています。VRとARの大きな違いはVRがバーチャル世界を体験出来るのに対し、ARでは実際に目の前に広がる風景に、バーチャルの視覚情報を組み合わせて目の前にあたかも実在しないものがあるような擬似体験が出来ることが特長です。一昨年にリリースされたポケモンgoではAR技術が利用されており、多くのユーザーを引き込んでいったのが記憶に新しいものであると思います。ARの技術は私たちに新しい楽しい世界…



リビンマッチ|不動産テックとクラウドファンディング

不動産テックについて簡単に紹介して来ました。 これからは不動産テックのサイト上でのカテゴリーについて紹介して行きたいと思います。 今回はクラウドファンディングについてです。 クラウドファンディングとは 特定のサイトなどを通して一般の個人投資家でもインターネットを介して少額から不動産投資案件へ参加できる仕組みを提供することを指します。クラウドファンディングによって新たな不動産投資機会を創出するとともに、これまで資金調達の選択肢が少なかったプロジェクトにも調達機会を提供するといわれています。 クラウドファンディングといっても不動産だけでなく様々なものを対象にして行われるものになるので なかなかイメージがつきにくいこともあるかもしれません。 ▼不動産ストックビジネスって何? 不動産ストックビジネスとは簡単に言えば「空き家再生ビジネス」というところでしょうか。全国各地で空き家・空き店舗などが問題となっている昨今、それらを貴重な地域資源としての不動産ストックとしてとらえ、再生・活用していく動きです。 人口減少・高齢化が進む地域の活性化のためにも、起死回生のプロジェクトと言えるでしょう。 しかし、…



リビンマッチ|不動産テック IoT

不動産テックについて簡単に紹介して来ました。これからは不動産テックのサイト上でのカテゴリーについて紹介して行きたいと思います。今回はIoTについてです。 リビンマッチではIoTについても様々な記事が紹介されています。 IoTとは 各種センサーやWEBカメラ等を連携させることで、リアルタイムで不動産の状況を確認できるシステムや、電子錠を用いた自由度や安全性が高い入退室管理システムを提供することを指します。そのためIoTを操作するアプリケーションによって、オーナーと入居者とのコミュニケーション機会も可能となるといわれています。 このIoTにするとより暮らしは便利性の高いものへと繋がって行くと思います。しかし、その便利さが不便に繋がってしまうということも起きてしまいます。 その例として「ニューヨークで大停電が起きた日」を上げることができます。スマホや電化製品、生活に関わるモノの多くが電力によって動き、近年ではIOTなどで鍵や時計なども電化していっています。それゆえに、ひとたび大規模な停電が起きると、都市は大混乱に陥ってしまうだろう。そんな大停電は実際にありえない話ではないのです。 それが行っ…



リビンマッチ|不動産テックのメリット

前項まで、「不動産テック」とは何か、その背景について綴ってきましたが、現状だけでも不動産テックには、不動産業界をテクノロジーで大きく変える可能性を秘めているように感じています。政府の後押しというのも大きいですが、その他にも市場の活性化や、公平化、可視化(透明化)などさまざまなメリットが考えられます。 不動産テックのメリットについて、上記3つの観点からまとめてみました。 1.不動産テックによる市場の活性化 インターネットと絡めた不動産情報のテクノロジー化により、家を買いたい・売りたいといった方の売買促進に繋がる可能性が高くあります。その1つがVR技術の活用です。現在でも物件情報の閲覧においてVRを活用した不動産会社も多く出てきているようですが、VRがあれば実際の物件の内覧が非常に便利になります。現地に行かなくても済むことはもちろんのこと、詳細に間取りの広さや雰囲気を視覚で体感できるため、家を購入したい人が今以上に増えてくることが期待されています。 2.不動産テックによる公平化 今までの不動産価格は不動産業者の経験に基づいて査定されていたことが多くありましたが、この価格の公平性という面でも…



リビンマッチ|不動産テックの生まれた背景

不動産テックが発展してきた背景 「不動産テック」という言葉が発展してきた背景には、日本独自の文化や政府の規制緩和による後押しが影響しているといわれています。そもそも日本における不動産とは、物件の価値が人や企業によって異なるのが当然と言われ続けてきました。 そのため、新たに物件を購入する際には、その物件の価値の判断が難しく、且ついくらで売れるのかギリギリまで分からないことも多く、売買を躊躇う傾向にありました。結果、新築住宅を異様に信仰する心理が根強く、中古物件も流通しにくい状況にありました。 不動産テックでは、このような新築主義から脱却し、客観的に不動産の価値を透明化し、中古住宅の市場を盛り上げるべく期待されています。これには政府も後押ししており、動産売買・重要事項説明のインターネット解禁や、不動産データの一元化など、取引する上でのインフラの整備にも力を入れています。 ◎今日の不動産情報ピックアップ 空き家への具体的な対応について https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/hashimoto_akiya/6808 リビンマッチサイ…



リビンマッチ|不動産テックとは?

そもそも不動産テックって何なのか? 「不動産テック」って言葉自体はここ最近顕著に話題になってきている言葉です。この「不動産テック」という言葉は、「不動産」と「テクノロジー(Technology:技術)」を掛け合わせた造語と言われています。情報通信技術を活用した不動産サービスのことを指します。簡単に言うとITと組み合わせた不動産サービスのことらしいです。 インターネットの普及や規制緩和の浸透によって、不動産業界でもITの活用が増えてきているようです。例えば、AI(人工知能)を活用した物件価格の査定や、VRの技術を活かした物件の内覧、IoT技術を駆使したスマートロックなどのように既に不動産事業に活用しているサービスも多々ある。少子高齢化をはじめとする時代の流れに応じて不動産業界も変化が問われています。 インターネットの技術を生かした(テクノロジーを駆使した)ビジネス展開は不動産事業を通して医療や教育分野にも発展してきています。 このような「不動産テック」の生まれた背景やメリット、事例などを掘り下げながら紹介していきます。 ◎今日の不動産情報ピックアップ リビンマッチ(リビンマッチMagaZ…